AO・推薦入試対策

近年、AO・推薦入試での入学者が全体の5割近くを占める中、受験生の総合的な能力を評価するための選抜方法の多様化が進んでいます。その内容は、志望理由書・小論文・個別面接・集団面接・グループディスカッション・ケーススタディ・プレゼンテーションなど多岐に渡りますが、独力や直前の対策だけでは不十分なケースが多く、せっかくのチャンスを逃しかねません。また、一般入試との併願の場合、勉強時間を確保しながら効率的な対策が必要となります。


志望理由書と面接対策は連動性が必要!

志望理由書は、どのようなビジョンを持って何のためにその大学で勉強するのか、更には各学部学科のアドミッションポリシーやカリキュラムを意識した構成も必要です。また、志望のきっかけや入学への熱意、エピソードなどは、人生の振り返り作業なしには不可能で、短期間に書けるものではありません。
面接対策においても、志望理由書と密接にかかわりますので、複合的・有機的なものとして連動しながらの対策が必要です。


習学ゼミでのAO・推薦入試対策

個別指導(1on1または1on3)で一人一人に合わせたオンリーワンの対策を行います。
直前での対策では間に合いませんので、できる限り早い段階での対策をお勧めしております。


適正進路の決定
個別に面談を実施し、現在の学力をふまえた志望校との距離、各大学の入試形態や傾向に合わせた受験戦略を練ります。AO・推薦入試だけでなく一般入試も含めた総合的な戦略が合否の鍵を握ります。
志望理由書の作成サポート
志望理由の根幹である現在の自分を構成する体験エピソードの発見を一緒に行います。また、長所や短所、これまでの活動内容などを細かく整理し、自分自身を客観視する機会を作ったうえで、各大学・学部学科に合わせた志望理由書を作成していきます。
小論文対策
目指す文章は、考えや事実が正しく伝わるものです。文章の系統によって差は生じますが、究極の目的はその1点です。そのためには、文章を書く「準備」が何よりも重要です。材料をメモ書きし、どの順番で、それぞれをどのくらいの長さで書いていくかの構成を練る作業が出来を左右します。
面接・グループディスカッション・プレゼンテーション対策
実施内容や方法、質問内容、テーマは多岐に渡ります。各大学・学部学科の過去の出題内容から傾向を分析し、志望の熱意が最大限伝わる内容に仕上げます。